臨床発達心理士の役割と資格取得の方法 臨床心理士との違いも簡単に説明します

人の心に関わる仕事を志す人は、「臨床発達心理士」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。学校心理士や臨床心理士、認定心理士、教育カウンセラー資格…など心理に関わる資格は数多く存在し、どれがどのような特徴があるのかわからなくなってしまいますよね。そこで本記事では臨床発達心理士について、その役割や資格習得方法、臨床心理士との違いをお伝えいたします。

赤ちゃんとスーツの女性
広告

臨床発達心理士とは?

臨床発達心理士とは、一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構によって認定される民間資格です。心理的な問題を抱える人を相手にする現場でより高度な専門性を保持するためにこの資格がつくられました。

臨床発達心理士の役割とは?

臨床発達心理士の役割は、年齢を重ねていく人に寄り添い、適切な援助を提供することです。「発達」と聞くと、乳幼児から青年期までを思い浮かべるかもしれません。ですが、臨床発達心理士は老年期まで広く支援することができます。

学校心理士や臨床心理士などと同様に、臨床発達心理士も子育ての悩み、虐待、障害、社会適応、自閉症、知的障害、AD/HD、引きこもり…など幅広い悩みに応えられます。ですが、そのなかでも「発達的観点」から問題を深く洞察できるようになるのが臨床発達心理士の特徴です。

臨床発達心理士が活躍する場所

臨床発達心理士は、さまざまな場所に活躍の場が設けられています。どの年代の人と関わりたいかによって働く場所が変わってきます。

乳幼児…保健所や保育所、幼稚園、子育て支援センター

学齢期(義務教育期間)…特別支援学校、特別支援学級、教育相談、適応指導教室

成人・老年期…障害者施設、作業所、老人病院、老人保健施設

一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構 ホームページより抜粋

上記に挙げたのはほんの一例です。専門性の高い資格であるため、幅広い職場で必要とされています。そのため、自分に合った職場とめぐり合うことができるでしょう。

臨床発達心理士の資格を取るには?

厳しい顔で書類を見つめるスーツの男性

臨床発達心理士は専門性が高い資格です。条件を満たした人だけが資格の審査を受けることができます。以下で詳しくお伝えします。

審査を受けるためには厳しい条件がある

臨床発達心理士の資格取得の審査を受けるには、厳しい条件をクリアしなければなりません。以下のいずれかを満たす必要があります。

  1. 発達心理学隣接諸科学(※)の大学院修士課程在学中または修了後3年未満
  2. 臨床経験が3年以上ある
  3. 大学や研究機関で研究職をしている
  4. 公認心理師資格を取得している

上記に加えてさらに細かく厳しい条件があります。これを見てもわかるとおり、臨床発達心理士という資格はプロフェッショナルな人々がさらに専門性を磨くための資格です。資格を取得すれば、臨床発達心理士のみが参加できる研修会にも参加できます。5年ごとの資格更新もあるため、常に最新の情報を入手できるようになるのです。

子育て支援や特別支援教育の需要が高まる中で、臨床発達心理士はこれから社会で活躍を期待されています。

(※)発達心理学、教育学、社会学、保育学、医学、看護学など他にも幅広い分野が対象です。また、教育職員専修免許状を持っていると大学院修了として認められます。

資格取得の流れ

臨床発達心理士の資格取得までにはおよそ1年の期間を要します。流れに沿って説明していきますね。

(1) 申請書類の購入:2月~8月
「購入期間が長い!」と思うかもしれませんが、これには訳があります。臨床発達心理士の試験には在職証明書や臨床実習内容報告書、推薦書など数多くの書類が必要であるため、試験の半年前から準備しなければ間に合わない可能性もあるのです。

(2)書類申請・認定審査料払い込み:8月
臨床発達心理士の場合、資格受験の申し込みのことを「申請」と呼びます。ここでは(1)の準備期間で用意した書類を提出します。

(3)一次審査(書類審査・筆記試験):9月下旬
一次審査は受験資格においてどの条件を満たすかによって内容が違いますが、書類審査や業績審査、筆記試験がとり行われます。

(5) 二次審査(面接):12月上旬
二次審査は複数の審査員による口述試験が行われます。

(6) 資格認定:2月下旬
「合格」の書類が届いた人は、臨床発達心理士としての登録を行います。

※時期は年度によって変更される可能性があります。

臨床発達心理士と臨床心理士の違い

積み木をする子どもを見守る大人

臨床発達心理士と臨床心理士、名前がとてもよく似ているため、戸惑う人も多いかもしれません。そこで、この2つがどう違うのか説明します。

臨床発達心理士と臨床心理士の共通点はどちらも民間資格ということです。心理関係の国家資格は「公認心理師」しかありません。

臨床発達心理士よりも臨床心理士のほうが広い範囲の心理的な問題に携わることが多いです。臨床心理士の活躍の場は広く、教育分野や医療分野、福祉分野はもちろん、裁判での心理面の調査として司法分野、職場内での研修や面接として労働分野でも求められています。「心理」に関わることならなんでも行うのが臨床心理士です。

これに対して臨床発達心理士は年齢や発達に関わる側面に高い専門性を持っています。生涯のさまざまな場面を支える役割があるのです。

資格取得を悩む前に行動しよう

今回は臨床発達心理士についてお伝えしました。臨床発達心理士は、極めて専門性の高い資格であるため、試験を受けることすらも厳しい条件をクリアしなければなりません。

もしあなたが今、学生であるのならば「臨床発達心理士の資格を取るべきかな…」と頭の中で悩むのはおすすめしません。それよりも、人の話を聞いたり体験したりすることでさまざまな選択肢や働き方を知ると、自然と自分に合ったものがわかってくるため、まずは気になることから行動を起こしてみましょう。

広告
この記事を書いた人
関目グミ

「学ぶこと」が大好きなフリーライター。「悩みを抱えている子どもを支えたい」との思いから心理学を勉強し、公立中学校の教師として勤めた過去を持つ。大学では哲学を専攻し、卒業論文で学部内最優秀賞を受賞した。

関目グミをフォローする
「しんきゃり」はメールマガジンを発行しています。内容は当サイトの更新情報、心理学やカウンセリングに関する新刊書籍・イベント・資格講座のキャンペーン情報などです。発行頻度は月に一回です。ご興味があれば次のリンクから登録をお願いします。
資格
しんきゃり
タイトルとURLをコピーしました